こいさんコラム

ライン
女性に何等かの原因があり
お子様が授かりにくい症状・体質

ライン2
 

 お子様が授かりにくい症状・体質の女性で共通する症状に「排卵時のホルモン 分泌異常」があります。多くの原因が考えられることから、決まった治療方法で はなく一人一人に合った方法で改善していくことが大切です。

排卵の為のホルモン分泌の流れ

  1. 視床下部から性腺刺激ホルモン放出因子が出される。
  2. この刺激に反応して脳下垂体から性腺刺激ホルモンが分泌される。
  3. 性腺刺激ホルモンにはFSH(卵胞刺激ホルモン)とLH(黄体ホルモン)があ り、初めにFSHが分泌され卵胞が成熟しこれから卵胞ホルモンが産生される。
  4. この卵胞ホルモンが刺激となりLHが多量に分泌され卵胞の殻が破れて排卵が 起こる。
このように、大きく4つの過程に分け、患者様の症状に合わせて施術を行ってい きます。

足もみ・足刺激で改善効果が期待できる内分泌・排卵因子

  • FSH 卵胞刺激ホルモン
  •  脳下垂体から分泌されて卵巣の中の卵胞を育てるホルモン。
     4脳下垂体 を刺激することにより卵巣へ刺激が伝わり卵胞を育てる効果が期 待される。

  • LH 黄体ホルモン
  •  卵胞の成熟・排卵・黄体形成を働きかけるホルモンで排卵には欠かすことのでき ないホルモン。
     視床下部(1大脳、3小脳・脳幹) を刺激し脳下垂体に働きかけ排卵を促す効 果が期待される。
     卵胞ホルモンにより子宮内膜が厚くなり排卵された受精卵が着床可能な状態の 内膜を作る。
     21副腎 36卵巣 50子宮 を刺激して着床性を高める効果が期待される。

  • PRL プロラクチン
  •  出産後、母乳が出るのを促すために多量に分泌されるホルモンで排卵を抑える作 用もある。血液検査の値が高い場合(高プロラクチン血症)は無月経や排卵障害 、黄体機能不全により着床障害を起こしやすくなる。
     4脳下垂体 への刺激によりプロラクチンの数値を正常値に改善する効果が期 待される。
    ※高プロラクチン血症は胃腸薬や降圧薬、向精神薬によっても影響が出る為注意 が必要。

  • 卵胞ホルモン
  •  卵巣から分泌され子宮内膜を厚くし、着床の準備をする。
     36卵巣 50子宮 を刺激して子宮内膜を活性化する効果が期待される。
    卵胞ホルモンにより子宮内膜が厚くなり排卵された受精卵が着床可能な状態の内 膜を作る。
     21副腎 36卵巣 50子宮 を刺激して着床性を高める効果が期待される。

  • TSH 甲状腺刺激ホルモン
  •  甲状腺からは身体全体の代謝や体温を調節・調整するホルモンが分泌されます。 その為、甲状腺機能の低下や亢進が見られると月経の異常や排卵障害が起こりや すくなり流産を繰り返すことがあります。
     4脳下垂体 12甲状腺 13副甲状腺 への刺激により数値を正常値に改善する 効果が期待される。

  • 黄体機能不全
  •  お子様が授かりにくい体質・症状の原因の一つで、妊娠をしても流産を繰り返すことがあります。 卵巣内のホルモンの分泌異常、それによる子宮内膜の発育不全などにより着床環 境が障害を受ける。
     FSH・LHの分泌低下がみられる為 1大脳 3小脳・脳幹 4脳下垂体 21副腎  36卵巣 50子宮 の刺激がホルモン分泌を正常化に向ける効果が期待できる。

 

前のページに戻 る